起業するにあたりシェアオフィスが便利です

起業するに当たり便利なシェアオフィスの紹介

起業するに当たり、オフィスを構えるかどうかということは、一番頭を悩ますことではないでしょうか?
特に顧客も少ない起業したばかりの時期は少しでも出ていくお金を節約したいところ。
かといってオフィスを自宅にしてしまうとプライバシーの問題や信頼の問題もありますので迷うところです。
そんな方にお薦めなのレンタルオフィス、バーチャルオフィス、シェアオフィスの活用です。
起業に役立つこの3つのサービスについて説明したいと思います。

レンタルオフィスとは

イメージ

まず一つ目に紹介するのはレンタルオフィスです。レンタルオフィスは多額の保証金や賃料の負担無で都心の一等地に
オフィスを構えることができるので起業する方に最も注目を浴びているサービスの一つです。
例えば新宿や東京など都心にオフィスを構える場合、最初に保証金として、数百万円かかるケースも珍しくありません。
レンタルオフィスの場合、そういった初期費用がかなり安くなるのがメリットです。サービス内容も様々で個室タイプと
ブースタイプ、時間貸しタイプ、この後紹介するシェアオフィスのようなフリーアドレスタイプ等様々ございますが、
一般的には個室タイプとブースタイプが主流です。料金も様々で、部屋の広さと場所によって様々異なります。
個室タイプの方が高めというところです。気になる賃料相場ですが、だいたい1ルームで5万円〜10万円といったところでしょうか。これも場所やサービス内容によって様々異なります。

 


バーチャルオフィスとは

イメージ

前述のレンタルオフィスのサービスの一端として生まれたのがバーチャルオフィスサービスです。バーチャルオフィスはレンタルオフィスの住所部分のみをレンタルするサービスで、レンタルオフィスに届いた郵便物などはそのまま転送される仕組みになっています。住所だけということもあってバーチャルオフィスの利用料金は格段に安くなります。
相場としておよそ1000円〜一万円といったところでしょうか。
自宅で仕事ができるといった方はバーチャルオフィスでもいいかと思います。


シェアオフィスとは

レンタルオフィス、バーチャルオフィスと説明してきましたが、シェアオフィスはこのレンタルオフィスとバーチャルオフィスの中間タイプとなります。バーチャルオフィスでは仕事スペースを借りることができませんが、レンタルオフィスでは仕事スペースをフリーアドレスや時間貸しのような形で借りることができるのです。シェアオフィスはいわば、フリーアドレス制のレンタルオフィスといったところです。しかも料金も格安。レンタルオフィスの料金相場5万円〜10万円に対して、シェアオフィスは1万5000円〜3万円位で借りることができるのです。
打ち合わせなどどうしても自宅でできない仕事もあると思いますし。外出の際都心にセカンドオフィスがあれば非常に便利だと思います。シェアオフィスならたかだが1万円ちょっとでリアルな仕事場を借りることができるので、バーチャルオフィスでは満足いかない起業家には最適なサービスといえるでしょう。

何故起業するのか

日本では今、起業する人が増えているといいます。
男性・女性問わず、また年齢もそれまでの経歴も様々。
日本経済が決して安定しているとはいえない今、彼らは何故、起業に踏み切ったのでしょうか。

 

起業しようと考える理由はいろいろあります。
自分の能力に自信がある、理想的な形で働ける会社を作りたい、成功した人の話を聞いてやってみたくなった…などなど。
比較的身近な出来事がきっかけでビジネスを始めようと考える人が多いようです。

 

このページを見ているということは、あなたも起業について何か思うことがあるのでしょう。
何故、既存の会社で働くのではなく、新しく事業を起こそうと考えたのでしょうか。
明確なビジョンもなく、なんとなくの勢いで思い立ってはいませんか?

 

全くのゼロから事業を始め、成功することは決して簡単なことではありません。
まずは自分の中で、何故起業したいのか、そのビジョンを明確にするところから始めてみてはどうでしょうか。
何故、その事業を始めようと考えたのか、実際にそれが可能な事なのか、そのために必要な準備は何なのか。
そうした諸々の事を考えても、新しく事業を興す方が自分にとって幸せなのか。

 

新しい事業を始めるには、大変な労力とリスク、責任が伴います。
ですが、一つ一つの問題を突き詰めて考えることで、仕事に対する自分の姿勢が明らかになり、覚悟も決まってきます。
それでもできる!と思えたならば、胸を張って準備にとりかかりましょう。

紹介

 

更新履歴